MENU

「脱毛をする」という事

「脱毛をする」という事は肌に負担が大きくかかります。自分自身の皮膚ですから大切に考えた方が良いですよね。


少し「人の肌」の事触れて見ましょう。
人の皮膚はとてもデリケードにできています。負担は直ぐにかかります。
日焼け・乾燥・年齢によるかゆみ等、例をあげてはきりがありません。特にアレルギー体質など敏感性肌の方には脱毛は本当に気を使うものです。


ここではもう少し皮膚の事について触れてみましょう。
体の皮膚の中では部分箇所によって、皮膚のつくりは異なります。デリケートで大切に扱わないといけない部分。そうでもない部分
もあります。


まず、体の皮膚のつくりは大きく三つに分ける事ができます。まずは体の皮膚と首顔の部分です。
体では大丈夫な事でも首顔の部分は大変敏感で、気をつけないと直ぐに支障をきたします。体の部分でも、膝の後ろの部分や肘の前の部分はとてもデリケートに出来ています。

人間の体毛は、デリケードな肌を守る為に自然と体毛が生えて守られている部分があります。
この三つの部分があると考えられています。


話を元に戻しましょう。「脱毛をする」という事はそのデリケートな部分に触れる事になります。本当に充分な注意が必要だと私は思います。